一流のマスターを目指す|バリスタの資格取得でコーヒーマスターへ

男女
このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せの一杯を目指して

マシンを使う人

実力を裏付けるために

日本でコーヒー文化が根付いてからだいぶ経ちますが、いまだエスプレッソは苦手という人もいます。しかし、もしかしたら本物を飲んでいないのかもしれません。日本全国にはチェーン店も含め、コーヒーショップが数え切れないほどあります。その中で本物志向のお店は一握りであるという意見もあります。そんなコーヒー文化を支えるのがバリスタであり、おいしい一杯入れる使命のもと、一息つける店作りに貢献しています。自分で名乗った瞬間からバリスタとなれますが、技術やノウハウが身についていないと所詮は砂上の楼閣です。その実力を裏付けるのがバリスタの資格であり、現在日本ではいくつかの民間資格があります。それらはどれもスキルアップとしての役割も担っています。

どんな形で取得する

それぞれの資格は特に順位付されているわけではありませんが、資格試験の人数や有資格者の数でその資格の価値を測ることができます。下から順番にステップアップしていく形もありますし、定期的に競技大会を開いているところもあります。バリスタには資格を目指すための専門学校やカルチャースクールが存在します。前者は本格的なカリキュラムを組んでおり、専攻が分かれているところもあります。後者は趣味の延長のようなものもありますが、そこで基礎を積んでおいて資格を取得する人も少なくありません。また、バリスタは単に上手にコーヒーを淹れるだけでは成り立ちません。相応の接客も身につけないといけません。ですから、アルバイトなどで下積みを経て、バリスタとしての実力を習得していく人もいます。